INTERVIEW

Room Dressに込めた想い
    
SAKI × YURIKA



Q3 制作のウラ話はありますか?



SAKI



私が今回の企画の中で面白かったのは、ターゲットを考える中で出来上がった女の子像がまさしく自分たちだったということです。
コンセプトを決める時にも、どんな言葉なら自分に刺さるか、という視点から考えていたので、まるで自分宛のお手紙を書いているような気分でした。(笑)




YURIKA



この企画が始まって約1年半。当初は今よりメンバーが多かったんです。
メンバーが減ったのはケンカしたわけではなくて、それぞれが就職したり、留学に行ったりと自分の道を歩き始めたから。
このルームドレスは私にとっても、他のメンバーにとっても、人生の選択をする大切な時期にずっと寄り添ってくれた大切な宝物。4月から新社会人になるので、仕事に追われていっぱいいっぱいになった時や、自分のしたいことが分からなくなった時がきたら、このルームドレスを見て今の気持ちを思い出そうと思っています。




 PREV
NEXT 
1   2   3   4